住宅の質を上げる|外構工事でデザイン性を高めよう【外壁塗装で生き返る我が家】

デザインにこだわりながら外構工事を進めよう

住宅の質を上げる

刷毛を持つ人

特別な空間作り

庭にこだわる人は多いのではないでしょうか。ゴルフの練習をするお父さんやガーデニングを楽しむお母さん、子供がペットと遊ぶための空間として最適です。室内と庭を行き来しやすくするためには、ウッドデッキやテラスを設置するのが一番です。段差をなくすことで庭がより身近なものとなり、庭で過ごす時間を楽しめます。こうした外構工事は住宅の質を保つために必要でしょう。

ぬくもりが感じられる

自然素材を用いて作るウッドデッキは、木ならではのぬくもりを感じられるでしょう。長年にわたって雨風にさらされ続けると、いつかは腐食してしまいます。自然素材はメンテナンスが必要です。あまり費用をかけられないなら腐食しにくい素材を選ぶようにしましょう。

人工木の素晴らしさ

メンテナンスがいらないデッキ素材として、人工木が挙げられます。その名の通り人工の木ですが、パッと見るだけでは天然のような仕上がりです。耐久性も優れており、雨風にさらされても腐らないのが嬉しいポイントです。猛暑が続くと熱で溶けて歪む心配があるので、夏は定期的にチェックしていきましょう。

人気の施工場所ランキング!

no.1

門まわりを整える

住宅の顔とも言える門まわりはに気をつかう人は多いです。半公共的空間となるので、来客者も足を踏み入れます。門柱や門のデザインにこだわってみたり、目に入りやすい表札を個性的なものにしたりするのも良いでしょう。門の外側に花壇を設ける人も多く、外から見ても印象の良い住宅となるはずです。

no.2

庭の緑で癒し効果を得る

より良い空間作りをするためには、緑が欠かせません。ガーデンニングに力を入れると癒し効果も得られるでしょう。来客者を迎える際にも好印象を与えられます。庭と一口に言っても、フロントヤードやバックヤード、プレイヤードなどがあります。

no.3

便利なウッドデッキ

庭の出入りをスムーズにする為に必要なのが、ウッドデッキです。デザインも豊富なので理想を現実にしやすいです。チークやイペ、ウリンやメルバウなど木材の種類も多く、耐久性や圧縮強度にも違いがあります。最適なものを選んでいきましょう。